本文へ

ご挨拶にかえて。


人の近くで人に頼って暮らす猫たち。
伴侶動物になりえる猫たち。

行き場の無い猫達に必要なケアや保護をして、新しいご家庭を探す譲渡活動や、
過剰繁殖抑制のための手術を続けている小さな小さな団体や個人の毎日の活動で、日本の動物愛護は原状を保っています。


その1つの形である「保護猫カフェ」


どの地域にどのような場所があるのか、見えるようにする事から始めたいと協会の設立を呼びかけました。

各店とも、大変厳しい運営条件の中で、継続して保護と譲渡を行って行く、小さなアニマルシェルターです。


ストレスを軽減するため、

●猫が居る場所に人が来る譲渡スタイル
●場所のご利用の際、入場料やご寄付のお願いをするシステム

この2つをもって、アニマルウエルフェアに配慮しながら保護場所の維持をはかります。



代表理事 特定非営利活動法人東京キャットガーディアン 山本 葉子


お知らせ 更新日 2017年2月22日


現在詳細ページの準備中です。
情報公開までいましばらくお待ち下さいますようお願いします。


お問い合わせは、 info*hogoneko.org までお願いいたします。
(*を@に変えてご連絡ください。)