本文へ

ご挨拶にかえて。



人の近くで人に頼って暮らす猫たち。
伴侶動物になりえる猫たち。

行き場の無い猫達に必要なケアや保護をして、新しいご家庭を探す譲渡活動や、
過剰繁殖抑制のための手術を続けている小さな小さな団体や個人の毎日の活動で、日本の動物愛護は原状を保っています。


その1つの形である「保護猫カフェ」


どの地域にどのような場所があるのか、見えるようにする事から始めたいと協会の設立を呼びかけました。

各店とも、大変厳しい運営条件の中で、継続して保護と譲渡を行って行く、小さなアニマルシェルターです。


ストレスを軽減するため、

●猫が居る場所に人が来る譲渡スタイル
●場所のご利用の際、入場料やご寄付のお願いをするシステム

この2つをもって、アニマルウエルフェアに配慮しながら保護場所の維持をはかります。



代表理事 特定非営利活動法人東京キャットガーディアン 山本 葉子


トピックス



活動内容


  • 保護猫カフェの社会的な認知を広め、不幸な猫が1頭でも減るように活動します。
  • ワクチン接種・定期的な健康診断などの啓蒙・啓発を行います。
  • 完全室内飼いの普及活動を行います。
  • 終生飼育のためのアドバイス・セーフティーネット作りをします。
  • 譲渡活動・保護活動についての啓蒙・啓発を行います。
  • 不妊去勢手術についての啓蒙・啓発を行います。
  • 猫カフェスクールを開催しています。
  • 保護猫カフェの現状・実態についてのリサーチを行います。


ご支援のお願い


保護猫カフェ協会では、活動のためのご支援を募集しております。


三菱東京UFJ銀行
大塚支店(171)
普通預金 口座番号:0347684

一般社団法人 保護猫カフェ協会
シャダンホウジンホゴネコカフェキョウカイ


企業支援はこちらからご連絡ください。
info*hogoneko.org(*を@に変えてご連絡ください。) 


 所在地

東京都豊島区南大塚一丁目11番14号


定款